それが一体何になるというのか

140字以上書けるTwitter

青年少女の話

 

前置きはない。

拾うなら、一緒に暮らすならこんな少女。

そういう妄想。

 

黄色→割と幼いわがままな子。黄さん同様かちょい上くらいのあざとさを身に付けた幼女。スマホを持ってないから自撮りは下手なので教わるといい。教えてる間に可愛すぎて撮影会になる。「あっこの角度……このアングル可愛いよ……!」「知ってる♡」

 

桜色→幅広い年齢層と仲良くなれそうだけどあえてJCあたりがいい。でも内気なインドア少女。どう接していいか分からないからとりあえず妖怪ウォッチで一緒に遊ぼうとするけど少女は(そんなに子供じゃないんだけどな……)って思いながら結局しぶしぶ付き合ってくれる。そのうちどっちが子供か分からない系青年少女に。「ねーねーこれ買っていいー?」「駄目。こないだゲーム買ったでしょ!」

 

牡丹→しっかりした大人だからJKくらいでも充分青年少女萌が得られると思う。ハーフか帰国子女でどうだろう。英語力は少女の方が上。どちらともなく英語で煽り出すから喧嘩はいつも英語。でも喧嘩することは稀。2人とも茶推し。「今日の練習推しにファンサ貰っちゃった♡」「は!?ずるい!!Don't push your luck!!」

 

水色→もう前職の事実だけで満足と言えば満足なんだけど強いて言うならすごい積極的なJCにアプローチかけられて欲しい。大きくなったらお嫁さんにして!的な。子供の言う事は可愛いなーくらいに思ってたのが瞬く間に成長して大人になっていくのにまだアプローチしてくれるから(ほんまに僕でいいんやろか……)ってちょっと深刻に悩み始める。ちゃんと同級生の子とかと付き合って欲しいけど真剣な気持ちを無視するのもアレやしうーーーん「ハネムーンはハワイがいいわ!」「えー僕もっとロマンチックなとこがいい!いや待ってハネムーン!?」

 

黄丹→1番少女拾いそうにないけど常にJSが引っ付いてたら可愛い。超恥ずかしがり屋で常に後ろに隠れてる。常にそんな感じだから作業中とか膝の上にいるのが当たり前。邪魔そうに見えるけどいつもうまいこと2人とも収まる体勢見つけてる。たまに自分から離れて見当たらないとめっちゃそわそわし始める。「ほらちゃんと挨拶しなさい」「…………」

 

 緑色→JS(低学年)を肩に乗せて欲しい(現実的には肩車)。幼女。影響受けてコーヒーが好きだけど子供なのであまり飲ませたくない。いつの間にか身に付いた特技は利きコーヒーと早起き。この子連れてると何の躊躇いもなくスイーツが買えるのでよく連れ回されてる。たまに軽々と持ち運ばれてる。「ここのケーキ最高ー♡」「最高ー♡」

 

茶色→少女がいくつでもパパみあるけどあえてJKで。家事の得意なよく出来た嫁(嫁ではない)近所の人からは随分若いお嫁さんもらったのねーなんて言われて戸惑う。少女は保護者としか思ってないけどこっちは年頃も年頃だしって無駄に意識しちゃう。「お風呂あいたよー」「こ、こら!そんな格好でうろつかない!」

 

翡翠→特定のゲームの世界大会とか制覇してる系JC。基本同じ部屋で別のゲームしてるけど時々対戦すると大体少女が勝つ。普段は会話少ないのに一緒にゲームしてる時だけ2人ともめっちゃ喋る。少女は外だと愛想良くしてるけど2人だとちょっと口が悪くてたまに怒られる。お互い大人だと思ってないし子供だと思ってない。「ちょっと今の反則じゃない!?」「俺みたいな天才に許された技だから」

 

 

赤→

紫→

 

結論:りりりちゃんは正義。

 

お粗末様でした。