それが一体何になるというのか

140字以上書けるTwitter

劇場版「乱躁滅裂ガールを踊ってみた」

【SLHATY】乱躁滅裂ガールを踊ってみた【いりぽんしゃばすてアナタシア】

D

 

(今回のブログはこの動画が映画のオープニングっぽい!という思いつきから、じゃあ映画にしたらどんなストーリーになるのかを妄想したシナリオです。名前等をそのまま使ってはいますが、性格も設定も完全に別人です。イメージとしては全員が演じるキャラクターって感じですが、ただのオタクの妄想なので1ミリもご本人とは関係ないという前提をどうか忘れずにお読みください)

 

☆STORY☆

かつて一世を風靡したSLHのリーダー・ユウマは、ダンサーを引退後ライブハウスのオーナーをしながら若い才能を眺めていた。いつからかライブハウスから学生、特に女子高生の客が減り始め、それに気づいた頃バイトの少女・サキが消息を絶つ。それと同時にサキが年齢を誤魔化してバイトしていたことが明らかになり、その事実が明るみに出る前にサキを探し出さなければならなくなる。ユウマは夕香里やシラハンの手も借りて、サキの捜索に乗り出すことに。

その頃、街の中心にある円形劇場では大女優の娘・メグが失踪し大きな騒ぎに。大女優の元でレッスンを受けていた三つ子のしゃばだばSTEPは、メグを探すため、メグの友人や街で1番の生徒数を誇る学園を調べる。学園に通うまさとは三つ子の話を聞いて、サキの失踪と何か関係があるのではと直感。サキとメグの話を芝健に話すと、芝健は何故かユウマがサキを探していることを知っており、情報屋・いりぽん先生によると他にも女子高生の失踪事件が相次いでいるとのこと。失踪した女子高生は全員同じ学園に通っていた生徒だが、失踪の事実は生徒には隠されていた。

SLH、しゃばすて、アナタシアはそれぞれのルートから学園を裏で牛耳る「正しい大人」と呼ばれる組織の存在を知り、学生達からあらゆる娯楽を奪おうとしている計画に辿り着く。自分たちの生きるテリトリーを守るため、あとに続く若者の未来のため、14人は手を組んで「正しい大人」に対抗するのだが――

 

☆CHARACTER☆

■SLH

ひと昔前に街中で大人も子供も夢中にさせた伝説のダンスグループ。現在は解散して街の各地で生活している。

 

ユウマ:SLH解散後、現役だった頃頻繁に使っていたライブハウス「Doggy」のオーナーになる。ライブハウスは治安が悪いとして街の教育機関からは目を付けられているが、学生も大人もお構いなしにライブハウスを使わせる。

 

シラハン:カフェ「GABURI」のマスター。マスターとして落ち着いた生活がしたいのにカラスやリョウに振り回されがち。カフェには女子高生がよく訪れるため、学生の流行りやスラングに詳しい。明香里と夏瞳相手に二股をかけている。

 

カラス:ユウマの元で働いているが、しょっちゅうシラハンのカフェやBAR「ATY」にサボりに行く。小柄ですばしっこく、正義感に溢れた性格。ちょっと短気。

 

リョウ:大学n年生。まりんが入学するもっと前から大学生だが何回生なのか誰も知らない。本当にまだ大学生なのかもちょっと怪しい。思いつきで行動してはトラブルを起こし、ユウマやまりんを積極的に巻き込む。

 

■BAR「ATY」

夕香里と明香里の姉妹で経営しているBAR。「Doggy」のすぐ隣にあり、SLH4人のアジトにもなっている。街の大人達の密談の場としても使われる。

 

夕香里:姉。BARのオーナーでありバーテン。顔が広く街の大抵の女性が「夕香里とは友達」と言う。もちろん女子高生とも仲が良く、失踪したサキが年齢を偽って「Doggy」で働いていることを知っていた。

 

明香里:妹。カクテルは作れないが料理が美味しい。思慮深く慎重な性格で、洞察力が鋭い。だが恋愛となると途端に感覚が鈍るためシラハンの二股を見破れなかった。

 

■アイドル三姉妹「しゃばだばSTEP」

街の中心の円形劇場で歌い踊る三つ子の清純派アイドル。この「清純派」という肩書きと方向性に対しては三姉妹で意見が分かれている模様。「正しい大人」たちのお気に入り。

 

櫻子:長女っぽい。おっとりとしているがしっかり者で、礼儀やマナーに厳しい。「正しい大人」が決めた街のルールを疑ったことが無い。

 

楓香:次女っぽい。夢見がちで乙女な女の子で、アイドルという仕事が好き。でも大人よりも子供や女の子の憧れになりたい。

 

夏瞳:三女っぽい。好奇心旺盛で大人が嫌い。本当はロックが好きで、こっそり「Doggy」に出入りしたりシラハンと付き合ったりしている。

 

■いりぽん先生

街の情報屋。あらゆるバイトをかけ持ちしており、そのお陰で表の情報も裏の情報も入手できる。気まぐれで「時価」と言いながら情報の対価にとんでもない要求をしてくる事も。いろんな界隈を渡り歩くがどこにも属さない一匹狼なところがある。

 

■アナタシア

ストリートダンサー。いつか「Doggy」のステージに立つことを夢見て河原や空き地などで練習を重ねている。最近は高校生に大人気の謎のシンガー「乱躁滅裂ガール」の曲を練習中。

 

芝健:リーダー。ピザ屋でバイトしている時以外は常にダンスの練習をしている。女の子を見るとすぐに声をかけるタイプ。

 

まりん:リョウと同じ大学に通う3年生。就活中だがチームに残る道も捨てきれず、就活していることは誰にも言えていない。リョウにその秘密を弱みとして握られている。

 

まさと:街にある巨大な学園に通う高校生。部活でいじめにあっていたところをまりんに救われ、芝健に拾われる。人懐っこくどんな大人にも気に入られる。アナタシアのことは学園ではまだ秘密。 

 

ふみろく:大企業に勤める社畜。仕事は忙しいがギリギリホワイト。まりんの大学のOBでもあり、ダンスは学生時代から続けている唯一の趣味。

 

■「乱躁滅裂ガール」

女子高生を中心に密かな大ブームを巻き起こしている「ミク」と「グミ」の2人組シンガー。楽曲は歌声と映像だけが公開され、2人の顔は誰も知らない。音源の入手方法も極秘で、大人では中々手に入れることが出来ない。

 

■「正しい大人」

学園を牛耳る組織の通称。学園の生徒は「正しい大人」が認めた職を目指すことだけが認められ、ダンサーやミュージシャン、アーティストなど以ての外とされている。学園の生徒達はそういった大人がいる場所への出入りは円形劇場以外頑なに禁じられており、その風潮は次第に学園外の学生たちにも伝染していく。

 

 

 

つづく......?